ブログテーマ一覧

2019年10月28日更新第94回関東大学バスケットボールリーグ戦順位表

順位チーム
1大東文化大学171
2筑波大学126
3青山学院大学125
4東海大学12
6専修大学126
4日本体育大学117
5白鷗大学88
8日本大学108
9早稲田大学414
10神奈川大学314
12法政大学315
11明治大学216
ホーム > ブログ > 詳細

ニュース

こんにちは!

神奈川大学男子バスケットボール部です!


11月2日(土)第19節

神奈川大学vs筑波大学

1Q 9-17

2Q 15-13

3Q 21-23

4Q 21-14


最終スコア 66-67

 

【主要スタッツ】

#75 小酒部 泰暉  35点

#3 小針 幸也 11点

#11 工 陸都 6点



11月3日(日)第20節

神奈川大学vs東海大学

1Q 18-27

2Q 18-23

3Q 21-21

4Q 23-23


最終スコア 80-94


【主要スタッツ】

#75 小酒部 泰暉  25点

#27 二ノ宮 杉太朗 17点

#3 小針 幸也 10点



オータムリーグ 第19節、第20節 神奈川大学は2敗という結果で終了しました。


両試合共通して、今節の敗因は、リバウンドを取りきることができず、相手にセカンドチャンスを与えてしまったことだと思います。


筑波大学戦では、前半、リバウンドが取れず、ゴール下での点を許してしまったことで、相手の流れをきることができませんでした。

4Q、#75 小酒部、#21 岡部の連続得点から流れを引き寄せ、点を縮めましたが、最後に勝利の女神は微笑まず、1点差で負けてしまいました。


後半反撃に出たこの試合。

タイムアップの笛とともに、みんなの目には涙が浮かんでいました。


強豪校を相手に最後まで諦めず、戦い抜いたからこその涙だったと思います。

しかし、ここで落ち込んでいる時間は私たちにはありません。

ミーティング終了後、選手たちで集まり、明日の東海大学戦に向けて、反省点を話し合いました。


そして、昨日の試合の悔しさをバネにして挑んだ翌日の東海大学戦。

前半、相手のインサイドを止めきれず、得点を大きく離されてしまいました。

後半、激しいディフェンスから得点を重ねていきましたが、点差は縮まらず、昨日に続いて敗退となりました。


今節は悔しくも2連敗という結果になってしまいましたが、リーグ戦1週目に比べて、このチームで1部残留を成し遂げたいという気持ちが一層強くなっています。

コートの中だけなく、ベンチでも、前よりコミュ二ケーションが増え、悪い流れの時も、誰ひとり下を向きません。

プレー面でも1歩ずつ確実に成長しています。

40分間常にハードなディフェンスをやり続けられ、オフェンスは、全員が果敢にゴールに向かっていくことができています。


正しいことをやり続けていれば、必ず勝てます。


普通に戦っていたら、能力のあるチームには勝てません。

自分たちが勝つためには120%力を出しきる必要があります。


来週は1部残留のために、絶対に負けられない試合です。

今節の悔しさをエネルギーに変えて、勝つための準備に励みます!



【NEXT GAME】

11月9日(土)第19節

vs 法政大学

TIP OFF 10:00

@横浜国際プール


1部残留のために負けられない戦いです。

ぜひ、会場に足を運んで、応援よろしくお願いします!



両試合とも10点以上得点を挙げた#3 小針幸也


ベンチ


応援席

コメント

いつも宮崎から心を込めて応援しています インカレは上京して一生懸命旗振ります 日本バスケ界の課題を背負って戦う神奈川大学をリスペクトしています 今週は2勝できますよ 大丈夫ですよ

»このコメントに返信する

宮崎の米田爺 2019-11-08 09:36:27

タイトル
名前*
内容*