ブログテーマ一覧

2020年3月25日更新第94回関東大学バスケットボールリーグ戦順位表

順位チーム
1大東文化大学184
2青山学院大学166
3専修大学166
4日本体育大学157
5筑波大学148
6東海大学139
7白鷗大学1111
8日本大学1111
9早稲田大学517
10神奈川大学517
11明治大学517
12法政大学319
ホーム > ブログ > 詳細

ニュース

こんにちは!

神奈川大学男子バスケットボール部です!


いよいよオータムカップの開幕が目前となってまいりました!

以前に比べ日没も早くなり、昼夜の寒暖差が広がってまいりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。


神奈川大学では部員一同、初戦に向けて練習試合を重ね、そこで出た課題克服や修正点を元に日々練習に打ち込んでおります。

チームで立てたコロナウイルス感染に対しての予防対策をしっかりと徹底し、できる限りの最高の準備ができるよう尽力していきます!!


さて、今回も、前回の小針選手に引き続き「リーグ戦代替試合に向けての抱負・意気込み」について、選手たちよりインタビュー形式でお伝えしていきます!

本日ご紹介する選手は、4年生で副将を務める、高橋音羽選手(4年 / PG / 山形南)です!!


バスケットでは、神奈川大学誇りのハードなディフェンスとハッスルなプレーでチームを勢い付け、常にエネルギー溢れる姿が印象的な高橋選手。

4年生の最後のステージへ挑むにあたり、最近はどのような心意気で練習に打ち込んでいるのでしょうか、、早速インタビューしていきます!!



高橋選手、本日もお疲れ様です!

最近の練習前には選手たちを集めてミーティングを行っている様子が見受けられます。着々と試合に向けての準備をチームとして積んでいるようですね。

さて、皆さんにお聞きしている質問です。今季はリーグ戦が中止となり代替試合となってしまいましたが、自粛期間から現在までの心境にはどのような変化がありましたか?


『コロナウイルスの影響を受け活動出来ない期間が続き、今年度の大会が開催されるか分からない状態に陥ってしまった時は、自身のモチベーションを保つのに難しい部分もありました。

しかしその期間でも、定期的にZOOMミーティングやオンライントレーニングを行い、チームでの意思統一をしてきた事があったので、現状に打ちのめされず、大会に向けて気持ちを作り上げ自分なりに行動する事ができたと思います。

現在はオータムカップに向けて練習や試合を重ね、バスケット以外の部分でも課題が見つかることがあるのでその点も見落とさず全員で修正していきたいと思っています。』


4年生は同時期に就活もあり、思いがけないこの情勢に戸惑う部分が大きかったと思います。慣れないZOOMミーティングやオンラインのトレーニングでは、直接顔が合わせられず、場所も自宅で非常にもどかしい中でしたが、上級生を筆頭になんとか行う事ができてよかったです!

また、確かに今年度は合宿や遠征がなかった分、バスケット以外の「組織力」という面では、例年より構築するチャンスが少なかったかもしれません。

短い期間でそこを克服し、より強くしていくためにはリーダーの存在が必要不可欠になってきますね。

では、今大会での高橋選手の抱負・意気込み、個人的な目標等を教えてください!


『チームとしては、インカレベスト4を目標として、ハードなディフェンス、エネルギー溢れるプレー、といった「神大らしさ」を全面的に出していきたいと思っています。

個人的には、4年生として粘り強いディフェンスや泥臭さ、そして精神的な面でもチームを引っ張っていけるように頑張ります!』


ありがとうございます!

リーグ戦では試合数も多く、挽回のチャンスが巡ってくることも少なくはありませんでしたが、今大会は泣いても笑ってもトーナメント形式の一発勝負。

同じ相手へのリベンジをするチャンスはありません。一人一人が渾身の一撃をこの試合で出し切るためにも、残りの期間で神大の武器を最大限に高めていきましょう!

また、今年は試合数も少なく、毎年激闘を必する昇格・降格制度もなくなってしまいましたが、それも踏まえた上でチームや後輩たちに残したいものはありますか?


『今までの先輩方が残してくださった伝統、一戦一戦全力でプレーをすること、そしてバスケを楽しむということを後輩たちに残したいです。』


私たちが見てきた歴代の先輩方は、どんなに厳しい状況に置かれても最後まで諦めない強く頼もしい背中で私たちを導いてくれました。

このような状況でも、後輩たちに伝えられるものはきっと多くあるはずです。大切なことを残せるように4年生全員で行動していきたいですね。

そして、小針選手にも質問しましたが、高橋選手も副将として半年が経ちましたが、いつも大切にしていること、意識していることはありますか?


『主将の安達が様々な面に気を配りチームをまとめてくれているので、自分は練習から常にハードワークすることや雰囲気を盛り上げ活気あるチームにできるよう周囲への声かけを意識し、行動で示すことを大切にしていました。』


 ありがとうございます!

では最後に、応援してくださる皆様へメッセージをお願いします!


『無観客での試合になってしまいましたが、変わらぬ応援をどうぞよろしくお願いします!!!』



高橋選手、ありがとうございました!!

4年生としての最後の時期にこのような形になってしまうのは夢にも想像できなかったことだと思います。

それでも神大の副将として『NO EXCUSE』『HARD WORK』を貫き通す、高橋選手の”男”なプレーをぜひご期待ください!!


次回のゲストは、いよいよ本企画のアンカー、4年生で主将を務める安達祐馬選手です!!

皆様どうぞお楽しみに!!!

コメント

タイトル
名前*
内容*