ブログテーマ一覧

2020年3月25日更新第94回関東大学バスケットボールリーグ戦順位表

順位チーム
1大東文化大学184
2青山学院大学166
3専修大学166
4日本体育大学157
5筑波大学148
6東海大学139
7白鷗大学1111
8日本大学1111
9早稲田大学517
10神奈川大学517
11明治大学517
12法政大学319
ホーム > ブログ > 詳細

ニュース

こんにちは!

神奈川大学男子バスケットボール部です!


11月21日(土)に行われました、神奈川県大学バスケットボール競技秋季大会(以下Kリーグ)の結果をご報告致します。

また、今年度は新型コロナウイルスの影響により、1試合のみの開催となります。


【Kリーグ】

11月21日(土)

神奈川大学vs東海大学

1Q 21-16

2Q 18-11

3Q 15-17

4Q 17-7


最終スコア 70-51


【主要スタッツ】

#27 二ノ宮杉太朗 13点

#6 山口浩太郎 8点

#39 吉田智大 7点


先日アップ致しました、インカレチャレンジマッチの結果報告の記事にて、4年生の引退をお知らせ致しましたが、今大会に出場することとなりましたので訂正いたします。




【幸嶋監督コメント】

『先週のインカレチャレンジマッチでは、残念な結果で終わってしまったけれど、4年生がもう一度今日のKリーグで神大らしさを表現してくれたので、3年生以下はこれを引き継いでいこう。来週にはDリーグも控えているので、それに向けても準備をしていかなければいけないし、来年に向けての準備も始まるので頑張っていこう。いい伝統を残して、新しいいい伝統を作っていくということが学生スポーツだと思うので、それを忘れないように。今日は本当にいいゲームだった。4年生お疲れ様でした。』



【尾鷲コーチコメント】

『4年生の皆さんお疲れ様でした。神大の武器であるディフェンスをどれだけ突き詰めていけるかが来年度3年生以下は、大事になってくると思う。今日のゲームで4年生が体現してくれたように、今度はそれを下級生が繋いでいくことが伝統を作っていくということだと思うので、責任をしっかり持って、また明日から頑張っていきましょう。』




今回はチームを牽引してきてくれた安達主将と川原主務の2人にコメントをもらいました!


【4年/主将/安達祐馬】


Q 今年は練習を行うことができない時期もあり、苦しい1年だったと思いますが、今シーズンを終えて一言お願いします!

『今シーズンは、新型ウイルスが流行しまい、バスケットをする事がままならない状況でしたが、それを言い訳にせず、チームの目標に向かって、限られた時間の中で練習に励みました。リーグ戦の代替え試合が行われることになり、8月から練習を開始した私たちにとって、準備の期間はとても短い期間ではありましたが、チームはいい方向に進むことが出来ました。悔しい思いを残す結果となってしまいましたが、この悔しさを後輩が忘れずにリベンジしてくれると言っていたので、ぜひ期待しててください!』


Q いつも応援してくださっている方々に向けて一言お願い致します!

『いつも応援してくださってる方々には本当に感謝しています。ありがとうございます!今シーズンはいい結果を残すことができませんでしたが、期待できる後輩たちが来年、絶対にいい結果を出してくれると思うので、今後とも応援よろしくお願い致します!』



【4年/主務/川原涼子】


Q 今シーズンはイレギュラーな1年だったと思いますが、今シーズンを振り返って一言お願いします!

『今シーズンは、コロナウイルスの影響もあり、思うように物事が進まないことも多かったのですが、幸嶋さんをはじめ、大学関係者の皆様や学連の皆様、その他沢山の方々のご協力があって大会に出場する事ができました。チームとしてはバスケットができない期間もありましたが、そんな中でも、神大らしく挫けずに前を向き続ける事ができたのではないかと思っています。4年生として、インカレ出場権を掴むことが出来なかったことや、後輩たちに悔しい思いをさせてしまった事に対しての後悔は残りますが、来年のインカレでより強くなった神大と会えるのを楽しみにしています!』


Q いつも応援してくださっている方々に向けて一言お願い致します!

『今シーズンは、無観客開催のため皆様を近くで感じる事ができず、寂しい部分もありましたが、そんな中でも、SNSやライブ配信を通して応援して下さったり、温かい言葉をかけて下さる皆様には、チームはもちろん私自身も本当に沢山の力を頂きました。ありがとうございました!!これからの神奈川大学もさらなるパワーアップを遂げていきますので、変わらぬご声援の程、どうぞ宜しくお願い致します。』



4年生のラストゲームとなったKリーグ。


悔し涙を流したインカレチャレンジマッチから、”ラストゲームは笑顔で締めくくってもらおう”と3年生以下は4年生とともにこの1週間、練習に励んできました。


試合序盤から4年生を筆頭にハードなディフェンスで神大らしさを発揮し、泥臭く、アグレッシブなバスケットでリードする展開で試合を進めました。


ベンチメンバーも全員出場し、控えのメンバーがコート上で勢いづける場面も多くあり、チーム一丸となって戦うことのできた試合になったと思います。


4年生は全員得点を挙げ、チームを勝利へ導いてくれただけでなく、4Q後半には、5人全員でコートに立ち、そのたくましい背中を下級生に見せてくれました。


この試合をもちまして、4年生は引退となります。


4年生が残してくれた伝統を私たちは引継ぎ、さらにいい伝統を塗り重ねていけるように精進していくとともに、4年生が来年度に期待を残したインカレ出場に向けて、1つずつ準備を始めていきます!


4年生の皆さん、本当にありがとうございました!










【NEXT GAME】

”Development マッチ2020"

日時:11月28日(土)10:00 TIPOFF

vs日本大学

会場:エスフォルタアリーナ八王子


⚠︎無観客試合となります。


新チーム初の試合です!

応援、よろしくお願い致します!

コメント

タイトル
名前*
内容*