ブログテーマ一覧

2020年3月25日更新第94回関東大学バスケットボールリーグ戦順位表

順位チーム
1大東文化大学184
2青山学院大学166
3専修大学166
4日本体育大学157
5筑波大学148
6東海大学139
7白鷗大学1111
8日本大学1111
9早稲田大学517
10神奈川大学517
11明治大学517
12法政大学319
ホーム > ブログ > 詳細

ニュース

こんにちは!

神奈川大学男子バスケットボール部です!


昨日行われました、オータムリーグ第5節の結果をご報告致します。


10月17日(日)17:00 TIPOFF

神奈川大学vs日本体育大学

1Q 14-21

2Q 19-21

3Q 14-13

4Q 16-17


最終スコア 63-72


【主要スタッツ】

#3 小針幸也 13点

#34 工藤貴哉 10点

#11 工陸都 9点

#30 三浦拓 9点



【試合後の幸嶋監督のコメント】

『流れ的には今日のゲームは良かったと思う。自分たちの点数が63点で、相手が72点。相手を70点前半で抑えようと話していたことは達成できたが、オフェンス面でここから1つ上に行くためには、背の高い強い留学生がいるということを前提に、バスケットをやっていく必要がある。今日の試合では、2Pの確率が28%で低すぎる。やっぱり2Pの得点を増やしていかなければ、目標である75点をとることはできない。それには1on1の競った状況での状況判断、コントロールをしたスピードでの1on1でなく、いっちゃえだけでは、今日みたいに留学生にブロックされてしまう。1部のレベルだったら私たちにコントロールをさせてくれないようなディフェンスをしてくる。前向きに考えれば、このリーグ戦で練習では体感できないいい経験をできている。次も留学生のいる大東だからまずは気持ちで負けないように頑張ろう。』



今節のキーワードは、自分たちの強みで相手の強みを消すことでした。


相手の機動力のあるオフェンスに対し、ハードなディフェンスをやり続けることができたと思います。


ですが、背の高い留学生を相手に、リバウンドを取り切ることができず、何度もセカンドチャンスを与えてしまいました。


また、オフェンスでは、シュートを決めきることができず、思うように得点を伸ばすことができなかったことも敗因の1つです。


開幕から5連敗。


結果としては苦しい状況が続いていますが、私たちは1試合1試合を終えるごとに、1歩ずつ確実に成長しています。


まずは悲願の一勝を掴めるよう、明日もチーム全員で戦います!


引き続き、応援をよろしくお願い致します!



【NEXT GAME】

日程:10月19日(火)13:30 TIPOFF

会場:駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場

対戦相手:大東文化大学

※有観客での開催です。



コメント

タイトル
名前*
内容*