ブログテーマ一覧

2021年12月18日更新第97回関東大学バスケットボールリーグ戦順位表

順位チーム
1東海大学101
2日本大学92
3白鷗大学83
4専修大学83
5日本体育大学83
6筑波大学65
7中央大学65
8大東文化大学56
9早稲田大学38
10青山学院大学29
11拓殖大学29
12神奈川大学011
ホーム > ブログ > 詳細

ニュース

神奈川大学男子バスケットボール部です!


第71回関東大学バスケットボール選手権(以下スプリングトーナメント)が開幕致しました!

5月3日(火)に行われました、慶応義塾大学との初戦結果を報告致します!



【スプリングトーナメント初戦(4回戦)】

2022年5月3日(火)

神奈川大学vs慶應義塾大学

1Q  19-14

2Q  25-12

3Q  18-15

4Q  17-13


最終スコア  79-54


主要スタッツ

#51 横山悠人 17 Point

#37 山本愛哉 10 Point

#22  山本颯太 9 Point



【試合後のミーティングでのコメント】


ー幸嶋監督ー

『最初の公式戦で緊張している人もいたかもしれないが、練習の成果を出すことができた試合だったと思う。みんなでいいディフェンスができた。3Q開始早々、スクリーンアウトができていなかったことで、タイムアウトを取ってしまったが、そうゆうことをコートの中で会話をして解決してほしい。会話ができていれば、こういうミスでタイムアウトを取る必要もないし、試合の緊張感も保っていけると思う。また、2つ課題が出たと思う。1つはブレイクでのポイントが足りなかったこと。2つ目はもっとバスケットアタックに行きたい。次の試合が本当に勝負だから。たくさんの人が応援してくれているし、明日最高の準備をして、次の試合に臨みましょう。』


ー尾鷲コーチー

今日は初戦でとてもいいゲームができたと思いますが、ディフェンスで戦うチームとして、最初からボールマンにアタックをし、相手を苦しめることができたら、もっと自分たちのディフェンスのペースを早い段階から掴めると思うし、そういうところでコートに出ている5人が鼓舞しながらできると、もっといい試合になると思うので、明日準備をして、次の試合に向けて頑張っていきましょう。


ー大浦コーチー

幸嶋さんが言っていたようにブレイクのポイントがもっと伸びてくるとトータルのスコアが伸びてくると思うし、できることがまだまだあると思う。その分ハードワークになってファイトする場面が増えると思うけど、今日よりも強い相手が次には来るし、その先にはずっと強い相手が来るから、当然、今日よりもハードなゲームになることは当たり前なこと。どこで勝負するのかと考えたときに、ずっと同じことをやっていても負けてしまうので、常に相手を見て、自分たちが何ができるかを考えた中で、相手に合わせ違うことをやっていけるともっといいと思う。次の試合も頑張りましょう。


ー五十嵐学生コーチー

まず、今日の試合勝ちきることができたことは良かったことで、勝ったということは、相手よりも正しいことをやり続けることができたからチャンスをものにし、シュートを決めることができたりなど、積み重ねることができたと思う。どんな相手でも正しいことを続けるということ自体は変わらないので、引き続き、全員で取り組んでいこう。3Qのスクリーンアウトでのミスは、相手がもっと強くなると、それだけで相手に流れを持っていかれかねない致命的なミスになるので、徹底して突き詰め、良いところは継続し、次も勝ちきることができるように頑張っていきましょう。


ーキャプテン横山選手ー

今日勝ったということはすごく良かったと思うし、この勝ち方というのも1つも経験だと思。勝ちきるということが1つの課題でもあったので、そういった意味ではいい経験のできた試合だった。課題の部分をどう修正するかということと、自分たちがディフェンスを頑張れば自然といい流れで得点につなげることができるということがわかったと思うので、そういうところを意識して、明日しっかり準備していきましょう。




続いて拓殖戦の結果もご報告致しますので、お待ちください!

応援ありがとうございました!




コメント

タイトル
名前*
内容*