ブログテーマ一覧

2021年12月18日更新第97回関東大学バスケットボールリーグ戦順位表

順位チーム
1東海大学101
2日本大学92
3白鷗大学83
4専修大学83
5日本体育大学83
6筑波大学65
7中央大学65
8大東文化大学56
9早稲田大学38
10青山学院大学29
11拓殖大学29
12神奈川大学011
ホーム > ブログ > 詳細

ニュース

こんにちは!

神奈川大学男子バスケットボール部です!


6月25日、26日に行われました、神奈川県バスケットボール春季大会(以下Kリーグ)の結果をご報告致します!


6月25日(土)14:30 TIPOFF

ー準決勝ー

神奈川大学B vs 桐蔭横浜大学

最終スコア 88-55  勝利


【主要スタッツ】

#23 小宮優大 15 Point

#88 伊東翼 10 Point

#15 中山陸斗 9 Point


6月26日(日)13:00 TIPOFF

ー決勝ー

神奈川大学B vs 東海大学

1Q 10-18

2Q 19-9

3Q 18-9

4Q 22-21

最終スコア 69-57  勝利


【主要スタッツ】

#23 小宮優大 17 Point

#24 中島三千哉 12 Point

#6 山口浩太郎 9 Point


以上の結果をもちまして、神奈川大学は、神奈川県大学バスケットボール競技会春季大会『優勝』という結果で終了し、第98回天皇杯全日本大学バスケットボール選手権大会神奈川県代表決定戦出場の切符を頂きました!



『選手インタビュー』

今回は、Bチームキャプテン、近藤選手にインタビューをしました!


Q1 ”Kリーグ優勝という目標を達成するための過程で、チームとして難しかったことはどういうところですか?

A モチベーションを持続させることが難しかったです。目の前の試合に勝って、満足して緩んでしまう場面がありましたが、そういう場面で再度自分たちの目標を認識し、引き締めることができたのでよかったです。


Q2 今年のBチームの強みや魅力を教えてください!

A  スタートで出る選手も、交代で出てくる選手もプレーの質が変わらず、粘り強いディフェンスができるところが強みでもあり、魅力です!


Q3  優勝した感想を聞かせてください!

A  素直に嬉しいです。今回の優勝がチーム全体の自信にも繋がると思うので、この結果に驕らず、これからも日々ハードワークを続けていけたらと思います。


Q4 今後の目標

A 秋のKリーグでも優勝し、春秋2連覇できるよう、全員が神奈川大学のバスケットボールを体現し続けていきたいです。


Q5 いつも応援してくれている方々へ一言

A いつも応援ありがとうございます。選手一同、勝敗に関わらず、声援に応えられるよう、言い訳をせず、日々一生懸命活動していきますので、これからも応援、よろしくお願い致します!





”Kリーグ優勝”

この目標を達成するまでの道のりは、決して容易ではありませんでした。


Bチームは学生主体のチームとして、普段の練習から学生コーチやキャプテン、上級生を中心に練習を行っています。

その状況の中、どれだけ勝利に向けて、自分自身を追い込むことができるか、上へ上へと高みを目指し続けるかが、優勝への鍵となっていました。


勝つだけでなく、価値ある勝利という部分にこだわり、決勝までの期間も日々ハードワークを積み重ねたからこそ、得た勝利だったと思います。


東海大学Bとの決勝戦では、全員がハードなディフェンスを40分間やり続け、必死にルーズボールに食らいつく泥臭いプレーが多く見られ、ここまで重ねてきた練習の成果が出ただけでなく、神奈川大学の目指すバスケットボールというものを体現した試合になりました。


”優勝”と一緒に得た”天皇杯神奈川県代表決定戦”の切符。


BチームからAチームへと”タスキ”がつながれ、ここからまた険しい道のりが始まります。


昨年はあと一歩届かず決勝で破れてしまいましたが、今年こそさらに上のステージへ這い上げれるよう、神奈川県を制します!


引き続き、神奈川大学男子バスケットボール部へのご支援・ご声援をよろしくお願い致します!





コメント

タイトル
名前*
内容*