ブログテーマ一覧

2021年12月18日更新第97回関東大学バスケットボールリーグ戦順位表

順位チーム
1東海大学101
2日本大学92
3白鷗大学83
4専修大学83
5日本体育大学83
6筑波大学65
7中央大学65
8大東文化大学56
9早稲田大学38
10青山学院大学29
11拓殖大学29
12神奈川大学011
ホーム > ブログ > 詳細

ニュース

こんにちは!

神奈川大学男子バスケットボール部です!


前回のブログで告知致しましたように、12月19日(日)に行われましたDevelopment Leagueをもちまして、Bチームの以下7名は引退となります。

【Bチーム4年生】

#1 永田勇太

#2 福井­達登

#9 金燦賢

#10 堤良真

#20 多田竜之介

#70 吉川昇吾

#76 南澤怜旺



4年間を振り返って、そして後輩たちへの想いを7名それぞれのコメントをご紹介します!



【多田竜之介/F/188cm/実践学園】




『上級生である自分たちがチームを引っ張っていかなければいけない立場でありながらも、チームを引っ張っていけるような存在にはなりきれず申し訳ないです。だからこそ、ここまでついてきてくれた下級生には本当に感謝しています。これから新人戦に向けてAチームに上がるメンバーにも頑張ってほしいし、Aチームに上がれなかったメンバーにもこれからチャンスは沢山あると思うので、諦めることなく頑張ってほしいです。今シーズンの反省を踏まえて、来シーズンも頑張ってください。ありがとうございました。』


【南澤怜旺/SG/178cm/山北】




『上級生の立場になってみて、本当に皆に先輩らしいことを1つもできていなかったと思うし、見本になれるようなこともできなかったこと、本当にすみませんでした。その分浩斗や、3年生が中心となってチームを引っ張ってくれたことに感謝しています。下級生はコロナなどで、イレギュラーな環境だったとは思いますが、やっぱりそこで自分たちがどれだけ頑張れるのかっていうのと、これから4年生になる3年生を中心にどれだけ下級生が信じて、その背中についていけるのかというのが大切だと思うので、そういうところをしっかりやりながら頑張っていってください。ありがとうございました。』



【福井達登/PF/187cm/八千代松蔭】




『4年間を振り返ってみると、怪我も多く、去年は新型コロナウイルスの影響で練習ができなかったり、後悔した時間が長かった。でも人とは後悔を繰り返すものだから、その後悔が一生の後悔にならないようにしていかなくてはいけない。今この立場になって言えることは1日1日を大事にしてください。あと怪我だけには気をつけて、これからも頑張ってください。応援してます。ありがとうございました。』



【堤良真/F/185cm/前橋商業】




『まずは就活関係で10月に帰ってきて、練習に参加させて頂き、さらに試合にも出させて頂いてありがとうございました。去年新型コロナウイルスが流行った時期にAチームに上がったのですが、部活ができない時期が続き、自分の甘さが出て、モチベーションを保つことができず、チャンスを無駄にしてしまったことをすごく後悔しています。Bチームっていうのは学生主体のチームで幸嶋さんの目の届かない分、時々見てもらった時のインパクトが強かったりするので少しのチャンスを掴むためにも日々頑張るって当然のことなんですけど、当然のことをしていくことが一番大事だと思うので、基本を忘れずこれからも頑張っていってください。ありがとうございました。』



【吉川昇吾/PF/188cm/新潟商業】




『今シーズンはAチームが勝利を掴むことができなかったり、Bチームも自分たちよりも上の相手に勝つことができなかったりととても悔しい結果で終わってしまった。でもこれを通して得たものは沢山あると思うので、この経験を活かして来シーズンはAチーム、Bチーム共にチームの目標であるインカレベスト4を達成できるよう、1日1日を大切に頑張ってください。やれることをやれば、おのずとチャンスはやってくると思うので諦めることなく、これからも走り続けてください。4年間ありがとうございました。』




【永田勇太/PG/179cm/函大勇太】




『4年間ありがとうございました。自分も就活関係で途中からの練習になってしまいましたが、こうして皆と試合できることができてよかったです。Bチームは学生主体での良さもある分、モチベーションを保つことが難しかったりする部分もあると思います。普段の練習を大切にして目標に向かって走り続けるっていうのはチャンスを掴むためにも大事なことだと思うので、来シーズンも頑張ってください。』


【金燦賢/PF/183cm/東京朝鮮】




『4年間ありがとうございました。4年生も就活とかで、中々練習に参加することができず、色々な場面で3年生に負担をかけてしまったのですが、チームを引っ張っていった経験が来年にも繋がっていくはずなので、引き続き3年生はチームを引っ張っていく存在として頑張ってください。Aチーム、Bチーム関係なく4年間頑張れば、おのずとAチームで試合に出れると思うので諦めずに頑張ってください。』






今シーズンAチーム、Bチーム共に4年生には本当に大きな背中を見せていただきました。



日々の練習や試合の我慢しなくてはならない時間で4年生が中心となってチームに声をかけて奮い立たせ、士気を上げてくださっていたからこそ、私たちは諦めることなく戦い抜くことができました。



辛い時に支えてくださる先輩方もうはいません。



だから今度は支えてもらった分、自分たちで岩を登っていきます。



”インカレベスト4”



ただ口にしているだけではありません。



本気で掴みにいくのが私たちです。



今シーズンで悔しい想いをしたことを誰1人と忘れることなく、4年生の気持ちも背負って厳しい冬の中を進んでいきます。



いつも神奈川大学男子バスケットボール部の応援をしていただきありがとうございます。



引き続き応援よろしくお願い致します!

コメント

タイトル
名前*
内容*